会社選びは重要|水素水サーバーを利用して安全な暮らし

ウォーター

おいしい水を飲むために

コップを持つ女性

おいしい水がはやっています

今は健康ブームのため、おいしい水にこだわりを持つ人も多いと思います。市販されている、ミネラルウォーターは沢山売れていますし、名水がある場所といえば、空きペットボトルを持った人達が訪れ、水を汲みにきています。また、水道水でもおいしい水が出ている街もあります。おいしい水の要件としては、次の項目に要件があります。・蒸発残留物・硬度・臭気度・残留塩素・水温東京・大阪などの大都市では水道水をそのまま飲むのは厳しいかもしれませんが、水道水がおいしい街も多くあります。北海道であれば帯広市など、また富山市や長野の松本市なども水道水がおいしいところになります。水道水をおいしく飲むには煮沸する、また冷たい水はおいしいので冷蔵庫で水道水を冷やして飲むのも良いでしょう。

いろいろな種類の水について

一昔前は水をお金を出して買うという習慣は、あまり無かったと思います。一般の人がおいしい水(ミネラルウォーター)の購入を始めたのは、80年代の後半からのようです。ちょうど平成に入った頃でしょう。水道水の品質が不安などの問題があり、少しづつ浸透していきました。また、90年代にはさらに普及していきます。90年代は猛暑での水不足もありましたので、非常時に有効であることが認められました。これは後の、東日本大震災での活用にもつながります。水には硬度があり、カルシウムイオンとマグネシウムイオンが含まれています。この2つが多く含まれている水が硬水となります。水なのでみた目では分かりませんが、軟水は口当たりが良く軽い飲み心地、硬水はしっかりとした感じの飲みごたえになるようです。